発達障害でも  ほんわか生きてます(*´ω`*)

アスペルガー症候群と診断され、休職&デイケアにて闘病中の24歳。苦労することも多かったけど、常にマイペースにポジティブに生きてます♪( ´▽`) 同じく発達障害で生きづらさを抱えている人たちへ、このブログを読んで少しでも元気を分けてあげられたらと思います!

自閉症を理解している人と話すのは、とっっても楽!!

梅雨の季節ですが、北海道は梅雨なんて無縁!
と思ってたら連日じめじめしたお天気で、気分もじめじめーななつみです。
 
今週から発達障害のリハビリに通い始めました!
リハビリの内容をブログやSNSで公表するのはどうやら禁止されているらしいので、詳しいことはここでは言えませんが、
1つ言えることは、患者さんなりスタッフさんなり、
障害を理解してくれる方と話すのはとても気が楽!!と言うことです。
 
今まで学校や会社で人と話すとき、
いかにして自分の変なところを悟られないか、
「普通っぽく」振る舞うかを頑張ってきた気がします。
当時は自分が発達障害であることを知りませんでしたが、
自分が周りの人と違うことは何となく自覚していたので、
それを隠そうと頑張っていました。
 
 
今、アメリカ人のお友達がくれた発達障害の本を頑張って読んでいますが、
 

f:id:natsumikan_sakura:20170608042326j:plain

 
1番右の”Pretending TO BE Normal"
 
普通のふりをする。
 
一言で言うとまさにそんな感じの人生でした。
(この本、アスペルガー症候群当事者の方が書いた本なのですが、とてもおすすめです!!)
 
 
でも自閉症の私にとって「何気ない会話のキャッチボール」はものすごく疲れる行為です。
なので私はなるべく自分が喋らないように相手に喋らせて、
「へー」と相槌を打つ、「おー」と感嘆する、うんうんと話を聞く、質問する、
などの手段で今まで乗り切ってきましたが、
「あなたはどう思う?」と振られると、思考が一旦停止してしまって、
次の話題に広げるような上手い切り返しができないんですよね。
ここが普通の人と違うところです。
 
1人でランチに行くとエネルギーが10回復するとすれば、
上司と一緒にランチに行って消費されるエネルギーは30。
飲み会で消費されるエネルギーは100。
騒がしいフロアから離れてトイレの個室に入ったら5回復(笑)
家に帰って1人でゆっくりして50回復!
みたいな感じです。
 
自閉症の人は頭にあることをそのまま言葉にすることが大変苦手です。
なので咄嗟の質問には「えー、あー、その、、」とどもってしまうか、もしくは笑ってごまかしてしまうのですが、
頭の中に文章が完成していれば、それを読み上げる感覚でスラスラ話すことができます。
なので上手にコミュニケーションが取れるようになるには、
 
・日記、ブログ、Twitterなどで思ったことをどんどん書き出して、アウトプットの引き出しを増やす。
・色んな人と会話して場数を踏んで、アウトプットの練習をする
 
こういう努力をしていくしかないのかなぁと思います。
すごく大変なんですが・・・
 
 
でも今回のリハビリでは、周りの人はみんな同じ発達障害者か、発達障害の勉強をしているスタッフです。
だから頑張らなくても、素の自分のままでいても誰も疑問を抱かないし、
コミュニケーションで失敗したって許されるんです。
会話のキャッチボール、全部パーフェクトに投げ返さなくたっていいんです。
それってとても気が楽なことです。そんな職場で働けたらいいですよね。
 
無理して自分を偽って、普通の職場に馴染もうとしても、
上手くできない自分に劣等感を持ってしまったり、傷つくことを言ってくる人もいるはずです。
それよりも、障害雇用枠を利用して、障害を理解してもらえる職場で働いたり、
同じ発達障害者の方のコミュニティに入る。
そっちの生き方の方が、心の健康にとってはいいのかもしれませんね。